• このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーカー自転車がネットオークションで中高年層に人気!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. せたな町の白岩シュー賞味期限が1時間と話題に!短すぎる訳とは
  2. 大沼公園と七飯を結ぶ高速道路が着工 北海道新幹線の2次交通整備
  3. 北海道の形をした切り株が札幌で見つかる!
  4. トク旅北海道2015年キャンペーンでお得に観光地を巡る
  5. 美唄市のバーチャルリアリティ観光体験スマホアプリが話題に!
  6. 雄武町の毛ガニ祭りが開催される!格安販売も!
  7. 7月に札幌真駒内でアイスショー 現役続行の浅田真央選手
  8. 北海道撮影ポイントランキング スマホアプリで風景写真を発信!
  9. コンサドーレユニ姿の田中美保がキュート過ぎると話題に
  10. 流氷の天使クリオネと知床

格納式ヘッドライトや後部のフラッシャー、変速レバーなどを搭載!

1970~80年代の少年たちの心を魅了した「スーパーカー自転車」がずらり―。旭川市神居2の8の高砂輪業は10年ほど前から全道各地の自転車店の倉庫に眠っている昭和のレトロ自転車の買い付けに力を入れている。自転車は整備した上でインターネットのオークションサイトを中心に販売。「子供のころ欲しかった」「昔、乗っていた」と中高年層から熱い注目を浴びている。

「私もフラッシャー付きに憧れた一人」と語る佐高芳則社長(53)がレトロ自転車を発掘し、販売するようになったのは約10年前。自転車組合の会合で同業者から「古い自転車の余剰在庫がたくさんある」と聞かされたのがきっかけだ。試しに数台買い取り、再整備してネットで販売したところ即完売。「こんなに需要があるなら」と、全道をワゴン車で道内の同業者を走り回り、休眠在庫を探し始めた。

再生した自転車はネットオークションで安いもので5~6万円台から、中には20万円を超える価格が付くこともある。落札者のほとんどが道外の40~50代男性で、飾って楽しむ人が多いという。

出典 どうしん電子版

jitensha1

出典  http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0150869.html

整備・販売している旭川市の高砂輪業

住所 〒070-8012 北海道旭川市神居2条8丁目2-17

電話 0166-61-1343

フェイスブックページ 旭川高砂輪業

懐かしのスーパーカー自転車CM集(You Tube)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加