• このエントリーをはてなブックマークに追加

バリアフリーホテルあすなろ北海道乙部で4月21日開業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 大沼公園と七飯を結ぶ高速道路が着工 北海道新幹線の2次交通整備
  2. スーパーカー自転車がネットオークションで中高年層に人気!
  3. 日高つぶめし弁当が初選出、北のハイグレード食品+2015が決定
  4. 流氷の天使クリオネと知床
  5. 2016 函館港まつり花火大会 開催情報まとめ!
  6. バリアフリーホテルあすなろ北海道乙部で4月21日開業
  7. 小樽名物喫茶店「さかい屋」が後継者なく10月に閉店の危機!
  8. 札幌大通公園名物とうきびワゴンが営業を開始 今季は10月10日まで!
  9. 2016 釧新花火大会 開催情報まとめ!
  10. 2016 北野ふれあい夏まつり花火大会 開催情報まとめ!

障害者くつろぎのホテル、就労の場にも

【乙部】檜山管内乙部町館浦で、全館バリアフリーに改装した障害者優先ホテル「バリアフリーホテルあすなろ」が21日オープンする。従業員34人のうち、半数以上の20人が知的・発達障害者で、障害者が障害者をもてなすのが特徴だ。宿泊施設としては道内で初めて、全国では4番目の「就労継続支援A型事業所」となる。18日には関係者を招いた見学会が開かれた。

障害者の雇用創出を図る狙いもある。同A型事業所は障害者自立支援法に基づき、障害者と雇用契約を結び、 最低賃金 を保証する。

ホテルは鉄骨造り2階建てで、天然温泉もある。客室全29室の出入り口にカード式の自動ドアを備え、電動リクライニングベッドを導入した。専用車いすで入浴できるよう温泉浴槽にスロープを整備するなど、バリアフリー化を徹底した。

宿泊料は客室タイプなどで異なり、1泊7千~2万5千円。障害者でなくても利用が可能で、日帰り入浴もできる。樋口理事長は「来年には 北海道新幹線 も開業するので、障害者はもちろん、健常者も優しく迎え入れ、地域の付加価値を高めるホテルにしていきたい」と話している。

出典  どうしん電子版

ホテルあすなろ

 青を基調とした落ち着いた雰囲気の外観

道内では初めてのバリアフリーホテル館内

あすなろ食堂

外観と同じく青を基調とした日当たりの良い食堂

あすなろ居室

モダンな印象の居室は車いす対応

あすなろ温泉

 露天風呂は天然温泉でスロープ付き

 ホテル紹介動画(youtube)

バリアフリーホテルあすなろ施設情報

住所      〒043-0104 北海道爾志郡乙部町館浦494-1

電話番号    0139-62-3344

FAX     0139-62-3333

北海道爾志郡乙部町館浦494-1

客室は一般から高級仕様の3種類で計29室、最大宿泊人数は70人。自動ドアやリクライニングベッド、介護者用のベッド、車いす利用者らが使いやすい書斎を備えています。1階の共用浴場は男女ともに車いすで移動できるサウナや露天風呂。家族風呂と介護用専用の浴室もあります。
夕食は本格広東料理で、朝食は焼きたてパンや薬膳粥などを提供します。CAC化粧品を使用したエステ、フットケア、マッサージ、ネイルアートのオプションもあります。
スタッフは計33人で、このうち知的障害者20人を採用。ホームヘルパー資格保持者による入浴介助、レストランや厨房の見習い、ベルボーイなどの業務に就いています。

出典  桧山振興局ホームページ

【宿泊】

素泊まり          7,000円~15,000円

1泊2食付ツイン、トリプル  12,000円~18,000円

1泊2食付シングル      15,000円~25,000円

※料金は1名あたり

・宴会場、売店あり

・駐車場  20台

【日帰り入浴】

大人(中学生以上)     800円

子供            400円

営業時間          15:00~20:00

休業日           年中無休 

【交通アクセス】

・札幌から車で3時間45分

・函館から車で約1時間45分

・「道の駅ルート229元和台」から車で約15分

・函館バス町民会館」停留所から徒歩約10分


  • このエントリーをはてなブックマークに追加